FC2ブログ

結いの会 

下関市長府を拠点に活動する「結いの会」の公式ブログ

4/14~19 田川若菜 第2回作品展のご紹介

田川さん表 001

田川さん裏 001

昨晩から降り続いた雨はやや弱まりましたが、
明日火曜日まではぐずついたお天気になりそうです、
こんにちは結いの会です!

さて本日は、当会会員であい・ネパールの会代表の藤田さんのお知り合いで、
昨年の「展」イベント時にも作品を出展していただいた、
田川若菜さんが地元熊本県の、
熊本県立美術館分館にて作品展を明日4月14日から開催されるとの報を
若菜さんのお父様、田川憲一様から受け取りましたのでご紹介させていただきます!

以下田川様から頂いたご案内を抜粋させていただきます。

___________________________________________________________________________________________________________________

昨年の第1回個展後に描いた作品を中心に、
阿蘇で出会った愛らしい動物や虫たち、イメージに浮かんだ生き物、自画像、
お世話になった人々の肖像など水彩、色鉛筆画約70点と、
動物をモチーフにフェルトと綿で作った人形、約100点を出品します。

若菜は、誕生後中学2年まではてんかんによる全身発作で、
その後は治療の過程で出現した幻聴など数々の精神症状に苦しんで参りました。
5年前、阿蘇に転居。闘病を続けるうち、約2年前から
「みんなと分かり合いたい」との思いにより、
猛烈に絵を描き始めました。
人形も作り、全作品数は2000点近くに上ります。

熊本県立美術館分館ギャラリーの広さに負けない
作品展を目指しがんばります。
ご多忙中、誠に恐縮とは存じますが、ご高覧いただき、
絵や人形たちに、にこっと、ほっとしてもらえたら幸せです。


____________________________________________________________________________________________________________________


幼き頃から難病で苦しんでおられた若菜さんは、
5年前に自然豊かな熊本県の阿蘇地方にお住まいを移され、
その素晴らしい自然の中に自身を溶け込ませる、身を委ねることで、
精神的な症状の緩和や、思考の変化が生まれたのではないでしょうか。

その若菜さんを常に最優先で傍らで暖かく見守られておられる
ご両親の憲一様・ひろ子様、ご協力いただいている方々の
暖かいお気持ちが若菜さんを後押しし、
それが形になって開催されるとても素晴らしい展覧会と思います。

もしこのブログを見ていただいた熊本県の方、近県の方々、
4月14日~19日まで熊本市に行かれる方は是非この展覧会に足を
運んでみられて下さい。

上の画像にもありますが、色彩や構図など既存の感性や概念に捕らわれない、
アール・ブリュット作品(生の芸術)を是非ご堪能いただきたいと思っております。
芸術の根源なるものを探しに、また再確認するために・・・。


第2回田川若菜作品展 絵と人形
私のまなざし・阿蘇谷にて

会期:2015年4月14日(火)~19日(日)
9:30~18:30(土日だけ17:15まで)

入場無料

会場:熊本県立美術館分館
熊本市中央区千葉城町2-18 NHK熊本放送局隣



それでは!
スポンサーサイト



[ 2015/04/13 12:28 ] ■ イベント情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する