FC2ブログ

結いの会 

下関市長府を拠点に活動する「結いの会」の公式ブログ

6/7~10 遇斯光庵展2019(ぐしこうあんてん) 豊北町    6/9 第10回黒井藤菖蒲園ライブ 黒井村 来週末イベント情報~♪


庵展チラシ2019表-ol-small

庵展チラシ2019裏-small



このところカラっとした気持ち良いお天気が続いておりますね
こんにちは、結いの会です!

ただカラッとしてるということは空気が乾燥していますので
火の取り扱いには十分に注意して下さい。


さて、今週は来週末のイベント情報をお知らせしていこうと思います。


《 陶芸と木器作品展 》

   ぐしこうあん
『遇斯光庵展2019』

会期:2019年 6月7日(金)~10日(月)
OPEN:10:00~18:00(最終日は16:00まで)
会場:下関市豊北町大字滝部5042 遇斯光庵
お問合せ:黄孫窯 森野清和 TEL090-7977-2481




今回で4回目となりました!
萩市や山口市、長門市、豊北町、内日、豊浦町、蓋井島、
さらに今年は会津若松市奈良市
から様々なタイプの
陶芸作家+木器作家、計17名の作品が一堂に集まる
なかなか下関では他に類を見ない作品展です。

発起人で主催者は、当結いの会の会長で、
川棚に「黄孫窯という陶芸窯をひらいておられる
森野清和会長!


かねてより、会場となる遇斯光庵の庵主で、
下関市立美術館元副館長であった木本大空(信昭)さん
親交があったことから、
このイベントを発案されたようです。

_IGP5301-s.jpg
遇斯光庵の外観です


IMG_3304-s.jpg
江戸時代に建てられた藁葺きの民家を
現代的で素敵な古民家にリフォームされております。


豊北町という土地はとても陶芸に適した
様々な色や性質の異なる陶土や磁器土が採れる
ようで、

江戸時代から大正時代にかけて、
10以上の窯が豊北町にはあった
といわれております。

これは全国的にみても、
かなり陶磁器生産の盛んな地域だったといえます。





豊北町窯跡図


そういった土地柄ですが、
現在はその10以上の窯は全て過去の遺物として
どうにか窯跡が確認できるものもあれば
道路整備などで跡形も無くなっているような状態です。


そういった輝かしい郷土の歴史にスポットをあてるためにも
また、そういう歴史を知ってもらうためにも
このイベントを催すのだとも森野会長は話しておりました。



そして前述の木本大空さんのご先祖も「向坊窯」という窯の経営に
携わっていたというからこれまた不思議な縁というところなのでしょう。


参加される作家さんは、

萩市-
不易庵 守田唐七さん
草胆庵達郎窯 植草達郎さん
凌雲窯 小久保凌雲さん
カネコツカサ 金子司
牧野窯 牧野将典さん

長門市-
俵山無名塾 作花靖之さん

豊北町-
一佳窯 宮田佳典さん

内日-
中島陶房 中島大輔さん

豊浦町-
テール・エ・フー アッヅォリ・エリックさん
黄孫窯 森野清和さん
黄孫窯 森野悦子さん
ムクロジ木器 辻翔平さん

蓋井島-
藤永美乃里さん


山口市-木本大空さん
会津若松市-鈴木幹雄さん 鈴木孫枝さん
奈良市-近藤亮介さん


今年は県外からの参加が目玉!
しかも幕末からある意味縁の深い会津若松市からのご参加があるのも興味深いですね。

また今回も、イベントのテーマとして、
各作家さんに自らが掘って採掘した”豊北町”の土を
使用しての作品制作、発表をお願いしているようです。



土をそのまま用いるのも、化粧土として使うのも
他の産地の土と混ぜて使うのも、アリ!

作家さん自身がこれだという使い方で
豊北町の土をご自分の作品に用いるのが
この作品展のテーマとなります。




肝心の遇斯光庵の場所なのですが、
これが初めての方はなかなか分かり難い場所にありまして、
事前にネットで検索して行かれること必至です!


建物のある住所は「滝部5042」なのですが、
Googleマップではヒットしますが、カーナビでは
これを検索してもおそらくヒットしません、


ですので車のカーナビでの地図検索の場合は、
下関市豊北町大字滝部5038を入力して下さい!
遇斯光庵から一番近い住所がヒットします。




川棚側からですと、191号線を「二見」から「滝部」へ走り、
豊北町総合支所を抜け、
豊北高校」を右手に見ながら、すぐのところに、
下の青看板が見える信号機の無い交差点がありますのでここを「阿川」側に左折!

IMG_2247.jpg



しばらく道なりに走りますと、下の「中原農園」という黄色い看板が右手に見えますが、
ここは直進!

IMG_2248.jpg




中原農園」の看板から少し行きますと、
下のような青看板が見えてきますので、ここのT字路を今度は「粟野」側に右折!

IMG_2249.jpg



T字路交差点からずっと道なりに走って行きますと、
左手に立て看板などが見えてきますので
それらを頼りに行かれてみて下さい。



IMG_3320-s.jpg

上の写真のように道路から少し入ったところにありますから
ご注意下さい。
滝部の「豊北総合支所」や「豊北高校」から車で約10分くらいだと思います。


萩で人気の先生方も参加していますが、
周りは自然いっぱいの中で開催されますし、
庵からすぐの菖蒲畑に菖蒲も見ごろではないかと思います。


この展示会は森野会長の人柄に吸い寄せられた面白い方々ばかりで
ガチガチの陶芸展という感じは微塵も無く、

田舎の古民家での陶芸マルシェという感じで
気軽に寄れるイベントになってますので、

週末にドライブがてら、お立ち寄りになられて下さい!

参加される先生方もとてものんびりリラックスモードで楽しんでいるイベントですよ!





そして続きましてこちら!


2019菖蒲園-1

2019菖蒲園裏面



『第10回 黒井藤本菖蒲園ライブ!』

日時:6月9日(日) 13:00~
場所は黒井藤本菖蒲園
お問合せ:tel 090-3749-1498 岡野まで


今年もこの季節がやって参りました!

豊浦町のみならず下関市を音楽で元気にするため、
様々なイベントでライブを行い地域活性化の一端を担っている
元気マグネットの皆さん主催の無料ライブです!



IMGP3317-s.jpg


菖蒲の咲き誇る毎年のこの時期に開催し、もう今年で10回目!
毎年梅雨の時期と重なるため大変だった年もあったようですねぇ。

IMGP3314-s.jpg


周りは田んぼと畑しかない中に特設ステージを組み立て、
半日ほど菖蒲の花を愛でながら、酒や食べ物を食べながら歌いたおす!という
素晴らしきイベントです!


また近年はこのイベントのためにおもしろ案山子が沢山用意され、
インスタ映え間違えなし!のイベントとなっております。




時間の詳細はわかりませんが、
第二部からは飛び入りライブ参加もOK!


とのことですから、
音楽が好きだけど人前では、、、という人も
さぁ勇気をだして 笑顔待つとびらを開けて(ⓒ 岡野とおる)
ご自分の楽器を持って行ってみて下さいね!

元気マグネットの岡野さんやKOUさんが優しく迎えてくれると思います。


IMGP3315-small.jpg


IMG_4700.jpg

IMG_4703.jpg


日没までやっていると思います!
このところ日も長くなり7時半くらいまでは明るいので
それくらいまではやっているのではと思います。

そして夕暮れ時がまた最高なんです。(天気がよければですが)


IMG_4340.jpg





地図はこちら↓



車で国道191号線を下関方面から来る場合、
結いの会のある梅ヶ峠をすぎて、梅ヶ峠から川棚・特牛方面へ約5分走り
左手に鬼が城という割烹料理店
右手におかの石材と李家という焼肉屋さんがある三叉路の交差点を右折
その交差点から車で約1,2分です。


車で国道191号線を川棚・特牛方面から来る場合、
国道191号線を下関方面へ、
JR山陰本線「黒井村」駅前の交差点をすぎて約2分右手に鬼が城,
左手に李家おかの石材がある三叉路交差点を左折
その交差点から車で1,2分です。



当日案内の看板は立っていると思われますが、
会場は道から少しだけ奥に入った場所になりますのでご注意下さい。
また駐車スペースも道端しかございませんので
近隣の方のご迷惑や車の通行の邪魔にならないように注意されて下さい。





梅雨の時期ですので天気だけが心配です、
野外ライブですので雨には勝てません、
雨天の場合は翌日月曜日に順延となりますのでご注意下さい。
当日の情報は元気マグネットさんのFacebookページからご確認下さいこちら


観に来ている方々も気のいい方ばかりです!


お天気がどうなるかがカギとなりそうですが、
今年はカラ梅雨傾向のようですからお天気に恵まれたら良いですね!


それでは!
スポンサーサイト



[ 2019/05/30 11:59 ] ■ イベント情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する