FC2ブログ

結いの会 

下関市で活動する「結いの会(梅ヶ峠キャンパス利用者協議会)」の公式ブログ

2019年スタート!

亥年-2-web


大変遅れましたが、明けましておめでとうございます!
本年も梅ヶ峠ものづくりの広場 結いの会をどうぞ宜しくお願い致します!

本日の梅ヶ峠はとても寒く、小雨も降っております。


さて、ご報告ですが、去る昨年12月15日、当会のある梅光学院大学梅ヶ峠キャンパスの
目の前にあるJR山陰本線「梅ヶ峠駅にて
この駅が「本州最西端の駅」であるとして、
それを公式にアピールする看板設置などの除幕式が行われました!

梅ヶ峠駅除幕式
読売新聞様より抜粋


IMG_4765.jpg
IMG_4767.jpg



山口県により駅出入口には立派な木製看板が設置され、
その設置除幕式には前田下関市市長並びに
JR西日本や県、市の関係者が出席されたようです。


あまりに身近すぎて逆に知らなかったりすることはよくあることですが、
この駅も実にその例ですね、

私も昨年知ったくらいで、梅ヶ峠周辺にお住みの方でも知らなかったりするようです。

本州最西端は下関駅では?と思ってしまうのですが、
駅の位置を経度でみると下の画像のようになり
間違えなく本州最西端となります。

梅ヶ峠駅位置関係-経線つき

そしてこの梅ヶ峠から一番近い観光スポットといえば、

厚母大仏安養寺

安養寺!

大元の歴史はかなり古く、聖武天皇の天平13年(741)頃に
下関市長府に作られた国分寺として作られた安養寺(後に廃絶)

江戸時代にこの地に長府功山寺の12世実門を中興の祖として、
安養寺の寺号をここ厚母の地に遷し、功山寺の末寺として小刹が再建された。
長府には今も安養寺という地名は残っております。


ここには国指定重要文化財の丈六仏、通称厚母大仏が鎮座!

厚母大仏

この大仏は昭和4年(1929)に国宝に指定され、
同10年(1935)には修理が行われました。
昭和25年(1950)の文化財保護法の施工により、重要文化財に指定されました。

この大仏は、桓武天皇の延暦年間(750~810年)、
坂上田村麿が鎮守府将軍に任ぜられた時、
国家鎮護のため名匠・春日に仏像を彫らせ、要衝の地に大刹を選び安置されたものとの
伝承もありますが、様式からは平安時代後期~鎌倉時代前期の作と考えられています。
仏胎内背部には「田村麿祈念仏」と銘記されているそう。  凄い!


厚母大仏殿

さらにこの大仏を納める大仏殿は文化庁、山口県、下関市の
補助事業として新築・竣工されました。

この建物は、この地域に残る土塀や土壁のある風景と、
一体となるように設計されたようです。

そのため外壁には、地元の土を固めた約1500個もの
版築ブロックを積み上げるという、日本初の工法を採用したとのこと。

ちなみに今をときめく建築家・隈研吾氏の設計です!

資料参考URL:http://www.shoai.ne.jp/chugoku-w/furusato.shiseki-atumodaibutu-yamaguchi.html

梅ヶ峠駅からは徒歩約10分!




そしてもう一つ、本州最西端つながりで、
本州最西端の岬、「毘沙の鼻」もあります!
駅から徒歩だと1時間30分近くかかりますが、、、(車ですと12分!)

びしゃのはな

ここからの響灘の眺望は最高です!

ちなみに当会まんが図書館の館長でプロ漫画家の関よしみ先生は
この毘沙の鼻の伝説を題材とした漫画を「ぶちちゃっちゃ!」という
同人誌の創刊号の中で描いておられます。

IMGP2884.jpg

漫画が気になる方は>>こちら<<でネット購入可能!電子版もあり!

ぶちちゃっちゃ!とは同人漫画サークルの名前であり、
そこに集う漫画家さん達が刊行する同人誌の名前でもあります。
編集長はまんが図書館副館長でプロ漫画家のササカマトトモ先生です!

ぶちちゃっちゃ!さん達のブログは>>こちら<<

また、梅ヶ峠駅から二駅で「川棚温泉駅」などもありますので
温泉や名物「瓦そば」なども堪能していっていただければ幸いです。




話はだいぶ逸れましたが、最西端繋がりで、
最東端の駅は?といいますと、
岩手県の山田線の途中にある「岩手船越駅」です。



この岩手船越駅は宮古~釜石間にある駅ですが、
この区間は東日本大震災の津波被害の影響で現在も不通となっているようです。
残念・・・。


では本州最北端と最南端は?といいますと

最北端は青森県の大湊線の「下北駅」です。
青森駅から約2時間前後の場所とのこと。
下北半島の真ん中くらいにあります。





そして最南端は、和歌山県のJRきのくに線の「串本駅」です。



串本町には、
1890年のトルコ海軍のエルトゥールル号遭難事件で亡くなった方々の慰霊碑や
日本とトルコの友好の礎としてトルコ記念館などもありますね。

へ~って感じですが、こういう表記があるだけで、
鉄道や地図、さらに端っこ好きな人などにはおおきな魅力になったりしますので、
アピールしていくことは大事です!


だいぶ逸れてしまった話を最初に戻しまして、

山口県観光スポーツ文化部長の正司尚義さんも
「この看板をきっかけに駅を訪れる人が増え、SNS等で全国に発信していただきたい」
とおっしゃられておりましたので、

梅光キャンパスやこの駅を使わせていただいている我々結いの会もその一役を
担えるよう活動していきたいと思います!



前途多難な2019年も張りきって参りましょうぞ!
スポンサーサイト
[ 2019/01/10 14:31 ] ■ 活動報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する