FC2ブログ

結いの会 

下関市長府を拠点に活動する「結いの会」の公式ブログ

6/22~24「帆船と焼き物展」atにししんギャラリー 6/20~下関市立美術館「所蔵品展 巴里のエスプリ」 6/23北九州市立美術館分館「ブルーノ・ムナーリ展」 週末おでかけ情報~♪



今週は梅雨らしいお天気が続いているここ梅ヶ峠でございます、
こんにちは、結いの会です!


先日大阪で震度6弱を記録した大きな地震、
幼いお子様や、ご年配の方がお亡くなりになったこと大変心を痛めました。
また、損傷した家屋や施設、ライフラインの復旧が時間がかかりそうで
とても心配しております。

一日も早く被災した方々の平穏なる日々が取り戻せますことをお祈りしております。


我々の住む下関という土地は有難いことに大きな自然災害に
見舞われることは少ないのですが、
それ故にそういった災害への備えがかなり疎かになっていると思われます。
こういった機会ですので、是非一度ご家庭の備えを考え直したり、
確認されることをおすすめ致します。


、、さて、それでは今週も週末のおでかけ情報をお知らせしていこうと思います!

今週はお天気もあまり良くないということで、こんなときは
屋内でまったり芸術鑑賞をおススメとうことで3つの展覧会をご紹介です!


まずは、当会の会員でもあるこの方の展覧会!


yoshihara 001



-夫婦二人の趣味の作品-
『帆船と焼き物展』


日時:6/22(金)~24(日) 9:30~16:00 入場無料
会場:にししんギャラリー(下関市豊前田町3丁目1-14)
問合せ:Tel 083-235-3830


当会に帆船模型の作家として参加されている
吉原茂さんと奥様の京子さん
”金婚記念”も兼ねた展覧会とのこと!

まずは金婚式おめでとうございます!!

吉原さんは昨年重い病にかかり、一時は活動をつづけるのも難しくなるのではと
思われましたが、持ち前の強い精神力と奥様の懸命な看病のおかげで
現在は以前とさほど変わらない状態で生活できているとのことで
私達結いの会のメンバーもホッとしております。


IMG_5510.jpg
IMG_1637.jpg

↑このような見事な帆船模型を制作されております。


京子さんは以前、結いの会の会長で陶芸家の森野清和さんの陶芸教室にも
通われており、今はご自分で全て制作されている努力家の奥様です!


週末3日間の開催となりますので、お時間ありましたら、
お近くまで来られることがありましたらお立ち寄り下さい。

海峡タワーの近くのにししんギャラリー周辺には駐車場も多いので
その点ご安心下さい。







さてお次は、本日20日より下関市立美術館で始まるこちら!


2018-6-20-.jpg


所蔵品展No.142
『特集 巴里のエスプリ』

日時:6月20日(水)~7月29日(日)
休館日:月曜日(祝日の7/16は開館)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場:下関市立美術館 2階(下関市長府黒門東町1-1)
観覧料:一般200(160)円、大学生100(80)円
※( )内は20名以上の団体料金
※18歳以下、70歳以上の方(下関市、北九州市在住の方は65歳以上)および高等学校、
中等教育学校、特別支援学校に在学生徒は無料。

問い合わせ:下関市立美術館(Tel.083-245-4131)


下関市立美術館では、所蔵品展No.142「特集 巴里のエスプリ」を
6月20日(水)~7月29日(日)まで開催いたします。

19世紀末のポスターを中心に、芸術の都パリを彩った立役者たちを紹介。
ロートレックボナールミュシャガレなどに加え、
留学などでパリの自由な空気に触れた日本人作家たち、
梅原龍三郎、佐伯祐三、藤田嗣治、
田淵安一、香月泰男、野見山暁治
らの作品、
合わせて約50点を展示します。

会期中は、お馴染みのギャラリートーク《日時:2018年6月23日、7月21日(各土曜日)
午後2時~
(1時間程度)》
に加え、

繊細な細工と斬新なデザインが魅力的なビーズバックのコレクションや
現代フランスの絵本の展示、喫茶室での期間限定メニュー
など、
パリの雰囲気を盛り上げる関連イベントを多数開催いたします、とのこと!


これはなかなか興味深い展覧会ですね!

そして昨年から美術館の中の人に若い方が増えたりしていて
内容的にもビジュアル的にも以前より良くなっているように感じます。


mucha-lu_m.jpg
ミュシャ《ビスケット, ルフェーブル‐ユティール》1897年


lautrec_divanjaponais-s.jpg
トゥールーズ=ロートレック《ディヴァン・ジャポネ》1893年


この他にも上のチラシ自体がブックカバーになったり、
入江真歩さんによるヴァイオリンリサイタル《7/7(土)14時より1時間程度》
などもあるもようです。

詳しくは下関市立美術館HPをご覧下さい!





そして最後は、お隣り北九州のリバーウォークの分館で行われるこちら!

ブルーノムナーリ


役に立たない機械をつくった男
ブルーノムナーリ展


日時:6月23日(土)~8月26日(日) 【会期中無休】
    10:00~18:00(入館は17:30まで)
会場:北九州市立美術館分館 リバーウォーク北九州5F
    (北九州市小倉北区室町一丁目1番1号)
観覧料:
一般  1,100(900)円
高大生  600(400)円
小中生  400(300)円
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
なお障害者手帳を提示の方は無料。
年長者施設利用証(北九州市交付のもの)を提示の方は2割減免。

問合せ:TEL: 093-562-3215



Bruno_Munari_1.jpg

ブルーノ・ムナーリ Bruno Munari
(1907年 - 1998年)

イタリアの美術家。美術家、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、
教育者、研究家、絵本作家など、ムナーリには多くの顔があるため、
その全体像が掴みにくい。


cut_2018_bruno-munar_01.gif
《穴のあるコンポジション》1950年 カーサペルラルテ=パオロ・ミノーリ財団




あのブルーノ・ムナーリがやってくる!

約一世紀にわたり、芸術からデザインそして造形教育まで、
独創的な活動を繰り広げたブルーノ・ムナーリ。

1907年イタリアに生まれたムナーリは、10代の終わりに前衛芸術運動の未来派と出会い、
その第二世代として活動に参加します。
未来派にみる伝統的な芸術の打破、機械美や運動への志向はムナーリに大きな
影響を与え、代表作〈役に立たない機械〉もこの時期に生まれました。

また、雑誌における編集や挿絵などの仕事を通じて、
デザインへの関心と造形感覚も深めていきます。

戦後はそうした経験を活かし、折りたたんで持ち運ぶことができる〈旅行のための彫刻〉や、
当時の最新技術であるコピー機を用いた〈オリジナルのゼログラフィーア〉、
そして洗練された家具やプロダクトなどの多様な作品を発表。

実用性にこだわらない、無用の美や遊び心を感じさせる自由な発想の作品たちは、
国内外で高く評価されました。


また、子どもの造形教育にも大いに興味を示し、アイディアあふれる遊具や
仕掛け絵本などを発表します。

子ども向けのワークショップも考案し、子どもたちが身のまわりの慣れ親しんだ
素材から創造力を飛躍させる創作活動として、
その手法は今日でも色あせることがありません。


本展では、ムナーリの造形理念を鍵として、初期から晩年までの作品約300点を
読み解いていきます。
出品作品のほぼ半数は、未来派時代の絵画や彫刻、晩年の絵本原画など、
日本初公開となるイタリアからの作品で構成され、
これまであまり知られてこなかったムナーリ像を伝えるものです。

画家、彫刻家、グラフィック・デザイナー、インダストリアル・デザイナー、
発明家、著述家、子どもといっしょに遊ぶ人
――稀代の表現者ブルーノ・ムナーリの過去最大の展覧会をどうぞお楽しみください。



以上北九州市立美術館分館HPより抜粋


bruno-1-s.jpg
《役に立たない機械》
1934年/1983年 特定非営利活動法人市民の芸術活動推進委員会



bruno-2-s.jpg
《無題》1930年 カーサペルラルテ=パオロ・ミノーリ財団



bruno-3-s.jpg
『乳の衣服に捧げる詩』文:フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティ 挿画:ブルーノ・ムナーリ 1937年 宇都宮美術館



bruno-4-s.jpg
《読めない本の試作》1955年 パルマ大学CSAC



bruno-5.jpg
《チューブ型照明器具:フォークランド》1964年/1999年 特定非営利活動法人市民の芸術活動推進委員会


ブルーノ・ムナーリは本当に様々な作品を遺していますね!
そしてどれもとても現代的で、現代のプロダクトデザインをする作家の方々にも
多大な影響を与えていることが分かります。
また子供の教育にも熱心であったこと、日本でもしばしばワークショップなどを
開催していたことは特筆すべき点ですね。

是非こちらも機会あれば観にいっていただきたい展覧会です。


より詳しくブルーノ・ムナーリについて知りたい方は、
「美術手帖」こちらの記事がより分かりやすく解説しておりますので
ご参考にして下さい!






はい!というわけで今週は3つの展覧会情報をお知らせ致しました、
お天気が悪いときは屋内でじっくり芸術鑑賞を致しましょう!

それでは!!
スポンサーサイト



[ 2018/06/20 14:14 ] ■ イベント情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する