FC2ブログ

結いの会 

下関市長府を拠点に活動する「結いの会」の公式ブログ

「梅ヶ峠・梅光林を歩いてみた!」の巻

今日は若干暖かいような気がしますね、
こんにちは、結いの会です!


さて本日は、梅ヶ峠の梅光キャンパスの裏手にかなりの広さをもつ
梅光所有の森林を、梅光学院大学の田中先生のご案内をもとに
結いの会会員さん達と歩いてみましたので
そのようすをお知らせ致します。




上の地図の中央辺りの池の周辺が森林となっております。

この森林は梅光学院が所有する森林で、
現在は主に子ども学部で心理学がご専門の
田中俊明教授「子ども未来学演習」「自然と環境」「心理学」などを
教える演習林として活用されているようです。


IMGP3078.jpg


IMG_1866.jpg

IMG_1868.jpg

5年ほど前から授業で活用されてきたようですが、
当初は本当に鬱蒼とした森林で、

田中先生が生徒さん達と一緒になって、
現在は人が歩けるように林道を少しづつ整備されて
森の周遊コースなどを設けるまでになっております。


IMG_1873.jpg

IMG_1871.jpg

結構な大きさの池があります。


IMG_1875.jpg

子ども学部なので、この林を使っての里山授業や、
自然の中でのフィールドワークを学生さん達と小さな子ども達を
対象に色々行っておられるようです。


IMG_1878.jpg

IMG_1879.jpg


IMG_1880.jpg

子どもの頃は野山を駆け回っておりましたが、
最近はなかなかこういった森林を歩くことが無いため、
参加された会員さんも落ち葉や枯れ木を踏む感覚が久しぶりのようでした。


IMG_1881.jpg

IMG_1884.jpg

田中先生は心理学がご専門ですが、
ニホンザルや霊長類の比較行動研究から人の心の起源を探る研究されており、
野山を駆け巡る心理学者として草木植物のことに関しても
大変お詳しいので植物の話を聞くだけでも大変勉強になりました。


IMG_1885.jpg


IMG_1890.jpg


この林のある永田郷にはクマを除く大型哺乳類も生息しているようで、
シカ、イノシシ、イタチ、サル、アナグマなども見たことがあるそうです。

サルは流れザルといって集団のある豊北町などから離れたオスザルのようです。


またこの森林は高低差がそこそこあるので、
地形の面白さも感じられます。
小さいながら豪雨の時は川になるような谷などもあったり、

水量を調節する池と池を結ぶ水路などもあって
歩くだけで色々な発見がありました。


IMG_1886.jpg


今回なぜ田中先生にこの散策のお願いをしたかと申しますと、
私有林ということもありますが、
この池もあって多種多様な動植物が暮らす梅ヶ峠梅光学院の森林のことを
結いの会会員ですら知っている人が少ないので、
もっと知っていただきたいのと、

来年5月の春のイベントの際に梅光学院さんとのコラボで
この森林周遊ツアーなどを企画できたらいいなという考えもあります。

ただ林を歩くだけでなく、一緒に植物のことや動物のことも
知ってもらえるような体験型フィールドワークを開催できればと
この梅ヶ峠キャンパスを貸していただいて活動し始めた時から
思っておりました。

今は落ち葉が敷き詰められて肌寒いですが、
「展」イベントの時は春の5月で新緑の季節です、
とても心も浄化されるような気持ちの良い散歩コースとなると思います。


まだどうなるかは分かりませんが、
是非多くの下関の市民の皆さんにも見て歩いてもらいたい森林ですので
実現できればと思っております。


それでは!
スポンサーサイト



[ 2016/12/08 13:50 ] ■ 活動報告 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する