FC2ブログ

結いの会 

下関市で活動する「結いの会(梅ヶ峠キャンパス利用者協議会)」の公式ブログ

7/20(土)~「Bill Evans Time Remembered シネマクロール 今月の1本」 7/21(日)「藤末レコード in 青木屋カフェ(DJ・トークセッション・レコード販売&カフェ)」 週末イベント情報~♪




今日は朝からまとまった雨が降っておりまして、
さらに台風も南からせまって来ております、


台風5号2019-7-18


本日も週末イベント情報をお送り致しますが、
いまのところその土日に影響を受けそうな按配となっており
少し心配しております。

こんにちは、結いの会です!



さて、台風が各地に甚大な被害をもたらさないようにお祈りしながらの
1つ目にお知らせ致しますのは
細江町の単館系映画館 “シネマクロール” 今月の1本です!



シネクロ-evans1


美と真実だけを追求し、他は忘れろ
Bill Evans Time Remembered

悲劇に満ちた“ジャズピアノの詩人”
51年の人生と魂の音楽

ビル・エヴァンス生誕90周年記念公開

日時:7/20(土)~7/26(金) 
1日4回上映:[11:00~ 14:00~ 17:00~ 20:00~]

場所:シネマクロール (山口県下関市細江町2-2-10 3階)

チケット:前売り:1,100円/当日:1,300円
※前売り料金は7/19までのご購入(ご予約)の方に限ります。
ご予約はメール:cinema.chlorine@gmail.com
またはお電話:TEL:083-227-4811 まで

上映時間:84分







《内容》

圧倒的な影響と人気を誇るジャズ・ピアニスト ビル・エヴァンス。
その出自、キャリアのスタートから人間模様、死の間際までを8年に渡り追った、
貴重な証言・映像・写真の記録!

その美しい音楽の源は? その裏の悲劇に満ちた人生の真実とは?


シネクロ-evans2

〈ビル・エヴァンスとは〉

1929-1980
マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーンと並び、
ハードバップ以降のモダンジャズの進化に欠かせないピアニスト。

幼い頃からクラシック音楽を学び、とくに印象主義の影響を受け、
ジャズでその才能を開花させる。
50年代からニューヨークでサイドメンとして活動を始め、
56年には初リーダーアルバムをリリース、58年にマイルスのバンドに加入。
この時点で頭書の三者が一堂に会することになる。
エヴァンスが白人であったこともあり、その加入期間は短かったが、
後年マイルスはエヴァンスに強く影響を受けたことを告白している。

60年代初めのポール・モチアン、スコット・ラファロとのトリオは
自在なインタープレイと斬新なスタイルで伝説となるが、
61年のラファロの事故死でそのチームワークは中断を余儀なくされる。

66年、21歳の新鋭エディ・ゴメスが加入し、トリオは息を吹き返す。
若干のドラマーの変更を経て77年までエディ・ゴメスは在籍するが、
エヴァンスの麻薬中毒が高じて、レギュラーメンバーは去り、80年に死去。






〈共演者、ジャズの巨匠たちによる貴重な証言の数々〉

トニー・ベネット(ヴォーカル)やジョン・ヘンドリックス(ヴォーカル)ら
当時の共演者はもちろん、
伝説のファースト・トリオ~死の間際のラスト・トリオのメンバーらが
ビル・エヴァンスとの出会いや人物像、彼の音楽について証言。





〈既に亡くなったレジェンド達の晩年の姿も・・・〉

本作の制作には8年を費やしており、
インタビューで登場するジム・ホール(2013年逝去)や、
ポール・モチアン(2011年逝去)、ジョン・ヘンドリックス(2017年逝去)、
オリン・キープニュース(2015年逝去)、ボブ・ブルックマイヤー(2011年に逝去)、
ビリー・テイラー(2010年逝去)など、公開前に鬼籍に入っている出演者も多く、
彼らの晩年を捉えた記録映像としても貴重な内容となっています。





〈もちろん本人も多数登場。そして、誰もが名前は知るあの人も・・・〉

もちろん、ビル本人の肉声や映像・写真も多数収録。
演奏シーンや仕事のインタビューはもちろんのことですが、幼少期の愛らしい姿や、
麻薬に蝕まれながらも家族を大切にする姿など、
貴重なプライベート・ショットの数々は必見です。

また、ジャズ史に燦然と輝くそのタイトル曲
『ワルツ・フォー・デビイ』のモデルとなった
姪のデビイら親族も証言者として登場。
ジャズマニアでもなかなか観る機会のないこれらの映像は、
ジャズファンのみならず広く音楽ファンの興味を惹きます 。



シネクロ-evans3



〈兄ハリー、スコット・ラファロ、マイルス・デイヴィス、そして女性たち・・・〉

さらに名盤『ワルツ・フォー・デビイ』で伝説的な演奏を披露し、
その翌週25歳で事故死した幻のベーシスト スコット・ラファロら共演者の
往時のプライベート写真や恋人のインタビューも収録。

薬物依存をはじめ、内縁の妻・兄の自殺など、これまで周知のところでも語られなかった
スキャンダルが親族や近いミュージシャンの口から語られるほか、
マイルス・バンド在籍時の名盤制作秘話から死の間際の様子までも語られます 。





〈行方均氏による字幕、全面監修〉

世界初公開にあたっては、ジャズ・プロデューサー行方均氏の監修により、
輸入盤DVDに入っている日本語字幕のミスを全面再翻訳。
アルバム名や楽曲名・人名等の固有名詞を日本のマーケットに合ったものへ統一。
さらにジャズの演奏・専門用語を、より日本語に馴染み深いものへと改訂をしています。
本国の輸入盤をいち早くチェックしていたコアなファンにも大注目の作品に仕上がっています。



以上 >>シネマクロールHP<< より抜粋




私はこの映画をシネマクロールでやってくれると聞いて
「うぉおおおおおお 待ってました!!」とシネマクロール主催のお二人
チポーラ中村さんと、シネポス鴻池さんに叫んでしまいました。笑


私はジャズがとても好きで、日常に聞くジャンル中でも最も多くの部分を占めています。


今年の初旬くらいにこの映画が日本で公開されると知って、
「あ~いいなぁ見たいなぁ、けど都市部だけで近くでは見ることは出来ないだろうなぁ」
と思っていたら4月くらいに今回の上映の話を聞いて飛び上がって喜んだ一人です。


最近はレコードなどのアナログなものが若い方々に見直されて
昔より聴かれてるとは思うのですが、
一般にジャズは年配の人の聴く音楽と思われがちです。

ただ、ジャズのアコースティック楽器の奏でる一音一音の音色の美しさや
即興性、グルーヴ感は他のジャンルでは味わえないですし、
そこに私は強く惹かれるのかもしれません。


またこのビル・エヴァンスが全盛時のジャズは基本的に3人~7人
くらいのメンバー構成での演奏が多く、

私は3人~5人の構成のバンドが演奏もタイトでまとまりも良く、
バンドメンバー各々の見せ場がしっかりと聴けると感じていて
とても好きですし、ジャズをあまり聴いたことが無い人にも
おすすめ致します。


今回のビル・エヴァンスももちろん大好きなピアニスト、
家に何枚アルバムがあるかわかりません。

見た目からは、いつもうつむきがちでピアノに向かい、
神経質そうな印象を受けるのですが、

その細長い指から紡ぎ出される音粒の美しさには
安心感や、安堵感、やすらぎも感じられるのです。

しかし当の本人はその時、どんな気持ちで、精神状態で、
その音を紡いでいたのか・・・

そんなことを知ることができるかもしれない
極上のドキュメンタリーではないでしょうか?



シネクロ-evans4


今回の上映はかなり反響を呼んでいるそうで、
おそらく県外や遠方からも多くお客さんが来そうだとのこと。

日や時間帯によってかなり混雑しそうですので、
行かれる方は行かれる前にシネマクロールさんに電話をして
<< シネマクロール TEL 083-227-4811 >>
状況をご確認の上で行かれたほうがいいかもしれません。

また今回は物販にも力を入れているとのこと!
記念CDアルバムや、記念Tシャツ、ポストカードなどもあるのではないかと
思います、それらは数量限定ですのでお早めにお越し下さい!


このような大きな映画館では取り上げられないけど
良質であろう映画を地元下関でも見ることが出来る、
シネマクロールという存在は本当に有難いなぁと思います。





さて、2つ目は唐戸にある下関市役所にほど近い路地裏に佇む
1軒のカフェで開催される素敵なイベント!


aokiya-2.jpg
aokiya-1.jpg


「藤松レコード in 青木屋カフェ」
Vol.1 80's シティポップ~90's渋谷系

日時:7月21日(日) 13時~17時
場所:青木屋カフェ (下関市南部町23-16 1F)市役所ほど近く
※レトロな屋上庭園で有名な旧秋田商会ビルと、
日本最古の郵便局南部町郵便局の間の
市役所側に抜ける道にあります。

入場無料(※要1ドリンク注文)


《内容》

★80年代のシティポップから90年代の渋谷系ミュージックをセレクト!

・北九州市門司区藤松にある藤松レコード店主らによる生選曲の4時間・DJ

・トークセッション(14時~15時)
藤松レコード店主×中川和由(ラジオパーソナリティ)

山下達郎のサンデーソングブックの時間帯に合わせて!

・藤松レコード出張販売!

・もちろんカフェ営業も!



こちらも注目のイベントでございます!
唐戸レトロ地区に構える青木屋カフェさんでの
1日限りのサンデーアフタヌーンイベント、

しかも第1回目の今回は、
80年代のシティポップから90年代の渋谷系をフューチャーし、
美味しいカフェメニューを堪能しながら
それらの選曲を聴き、音楽にお詳しいお二人によるトークセッションや
さらにレコードまで買えてしまうというオサレイベントです!


aokiya-4.jpg


aokiya-3.jpg

以前は料理教室があったレトロなビルの1階を改装し、
グランドピアノがドーンと佇む素敵な隠れ家的カフェを営業されているのが

川棚の杜コルトーホールの元イベントプロデューサーで、
現在も様々なイベントのプロデューサー業とカフェ店主の2足のわらじで
頑張る増田玲子さん。

aokiya-masuda.png



こちらのカフェもおしゃれに敏感な方々に世代問わず注目されており、
店主増田さんのセンスや思いが感じられるカフェでして、

一杯一杯じっくりと淹れられるコーヒーやオリジナルスイーツも美味しく、
食事メニューのパスタも味付けにオリジナリティがあり、
とても美味しいので、まだの方は是非行かれてみることをお勧め致します。



aokiya-6.jpg

奥に見えるのは新しくなった下関市役所の建物


aokiya-5.jpg

月~金曜日の朝は7:55~からテイクアウト専門の朝コーヒーなどもやってます。


営業時間 :
木・金 . / 16:00-20:00 土・日. / 13:00-17:00
定休日:月火水+不定休 


店舗名は正式には「青木屋ビル1階」といいます。


また、こちらの店舗では他にも様々なイベントが行われていたり、
イベントスペースとしてもレンタル可能とのことですので
詳しく知りたい方は、>> 青木屋ビル1階 HP << まで
アクセスしてみて下さい。





今週は音楽関連のイベントを2つご紹介させて頂きました、
ここまで読んでいただき有難うございました。

それでは!
スポンサーサイト
[ 2019/07/18 14:51 ] ■ イベント情報 | TB(0) | CM(0)

明日より! 7/12(金)~9/1(日) 「横山眞佐子と3人(安野光雅・角野栄子・あべ弘士)のゆかいな仲間たち」 at 下関市立美術館


本日は7月の11日、こども達は目前に迫った夏休みを前に
ウキウキ、ソワソワしている頃ではないでしょうか、
こんにちは、結いの会です!


さて本日は、そんなこども達に是非見に行って、
さらに体験もしていただきたい展覧会が
明日7月12日(金)より、下関市立美術館で始まりますので
それをご紹介致します!


横山まさこ-1


横山眞佐子 と3人のゆかいな仲間たち
   安野光雄 / 子 / あべ弘士 』



会期:2019年7月12日(金)~9月1日(日) 9:30~17:00
会場:下関市立美術館(下関市長府黒門東町1-1)

観覧料:一般800円(640円)/大学生640円(510円)
※()内は、20名以上の団体料金。
※18歳以下の方、70歳以上の方および高等学校、中等教育学校と
特別支援学校に在学中の生徒は、
観覧料が免除されます(いずれも公的証明書の提示が必要です)。


問合せ:Tel 083-245-4131 下関市立美術館








児童書専門店「こどもの広場」主宰として、
下関で40年にわたり絵本の素晴らしさを伝えてきた横山眞佐子

こどもたち-2-web



彼女が出会い、下関に豊かな文化を届けてくれた「ゆかいな仲間たち」
安野光雅、角野栄子、あべ弘士の作品を軸に、
「こどもの広場」の歩みと下関市立美術館の絵本展の軌跡をたどります。




-今展覧会について-


1983年の開館初期から、下関市立美術館では絵本原画の展覧会を開催してきました。
当時公立の美術館での絵本の展覧会はまだ珍しく、
会場では作品を見つめるこどもたちの目が輝き、笑顔があふれていました。


下関市立美術館で国内外の絵本原画の紹介を展覧会事業の一つの柱として
展開させることができたのは、保育園や幼稚園の先生、図書館関係者、
文庫活動に携わるお母さん方など、
下関にこどもの本に関わる人々の層が厚いことと同時に、
その人々と美術館を結び付けてくれた「こどもの広場」の存在があったためです。


1979年、下関にわずか5坪ほどの店舗でスタートした児童書専門店「こどもの広場」は、
40年にわたり地域に根づき、本に関する情報を発信し、
本を通してこどもたちの心を豊かに育ててきました。


主宰者の横山眞佐子は多彩な活動の中で、多くの絵本作家や児童文学者、
編集者等と交流し、講演会や展覧会、ワークショップなどを行い、
下関のこどもたちに感動の種をまき続けてきました。


本展では、横山眞佐子が出会い、下関に豊かな文化の香りを届けてくれた人々の中から
特に関わりの深い3人の作家、安野光雅、角野栄子、あべ弘士をとりあげ、
作品を紹介すると共に、横山がつないだ人々の絆をたどりながら
「こどもの広場」の活動40年の歩みと下関市立美術館の絵本展の軌跡をたどります。



ここでご存知ない方のために
その3人の素晴らしい作家さんを簡単ではございますがご紹介させて頂きますと、、、


安野光雅

安野光雅


(あんの みつまさ、1926年3月20日 - )
日本の画家、装幀家、絵本作家、元美術教員。
島根県鹿足郡津和野町出身。現在は東京都小金井市在住。文化功労者。

子供の頃より、画家への夢を抱き、美術のみならず、
科学・数学・文学などにも造詣が深く、
豊かな知識と想像力を駆使して独創性あふれる作品を発表してきた。
原色や派手な色をほとんど使わない淡い色調の水彩画で、
細部まで書き込まれながらも落ち着いた雰囲気の絵を描く。 (wikiしらべ)

現在93歳!

世界的に評価の高い画家であり絵本作家さんですよね、
安野さんの描く絵本に描かれたヨーロッパの町並みを
ワクワクしながら食い入るように見ていた思い出があります。

安野光雅-2


故郷の島根県津和野には安野光雅美術館もあります。






角野栄子

角野栄子-web


(かどの えいこ、本名:渡辺栄子、1935年1月1日 - )は童話作家、絵本作家、
ノンフィクション作家、エッセイスト。日本福祉大学客員教授。神奈川県鎌倉市在住。

2000年紫綬褒章、2014年旭日小綬章を受章。
2018年、国際アンデルセン賞作家賞を受賞  (wikiしらべ)

角野さんといえばもちろん「魔女の宅急便」ですよね、
1985年に作られ、1989年に宮崎駿監督によって映画化され、
今なおジブリ映画のなかでもトップ3に数える方も多い作品です。

角野栄子-魔女宅

余談ですが、角野さんはメディアに出られるときにいつ見ても
とてもお洒落ですね、服装もですが、様々なタイプのメガネをお持ちのようで、
拝見するたびに違うものを架けられていますね。





あべ弘士

あべ弘士


(あべ ひろし、1948年6月19日 - )は、日本の絵本作家。

1972年から25年間、旭川市の旭山動物園に勤務。
自然に対する知識と愛情に裏打ちされた作品は、
自由闊達な線と色の魅力、大らかなユーモアによって多くの読者に愛されている。

『あらしのよるに』で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞、
『ゴリラにっき』で小学館児童出版文化賞、
「ハリネズミのプルプル」シリーズで、赤い鳥さし絵賞、
『どうぶつゆうびん』で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞。


あの有名な旭山動物園に長年勤務されていたからでしょうか、
あべさんの描く動物はみな印象的で、そのインパクトとユーモア性あふれる絵は
こどもにも大人にもとても人気がありますね。

あべ弘士-2


あらしのよるには超名作、こどもより大人がグッとくる作品です。



、、、はい、というわけで簡単にご紹介させていただきましたが、
この展覧会の会期中はこども達の夏休み期間でありまして、

展覧会の関連イベントのみならず、
美術館の夏休みイベントも含まれるとのことですので
それも合わせてご紹介させて頂きます!



市美-2019-7-event


あべ弘士スペシャルトーク
日時:2019年7月12日(金)13:30~15:00
場所:美術館1階講堂
※ 聴講無料


■ ワークショップ「あべ弘士と動物をつくろう」 
日時:2019年7月13日(土)10:00~11:30
場所:美術館1階講堂
対象:5歳~小学生と保護者
定員:20組40名
※ 要事前申込み(先着順・前日までに美術館に電話で申込み)

※〈定員に達したため、締切りました〉


■ 野村忠司「朗読 平家物語」
日時:2019年7月20日(土)13:30~
場所:美術館1階講堂
※ 聴講無料


■ 黒瀬圭子「語り 山口の昔話」
日時:2019年7月21日(日)13:30~
場所:美術館1階講堂
※聴講無料


第179回ギャラリーコンサート 
音楽の庭「ヴィオラ・ダ・ガンバとリュートで巡るヨーロッパのバロック
出演者:ホアン・マヌエル・クィンターナ、野入志津子

市美-ヴィオラダガンバ市美-リュート

市美-ヴィオラダガンバ-2


日時:2019年7月27日(土)14:00開演
場所:美術館 光庭(1階吹抜ホール)
※ 無料。ただし2階の展覧会会場でご鑑賞の場合、観覧受付が必要。

↑こちらのコンサートはおススメ!
とても珍しい楽器であるヴィオラ・ダ・ガンバとリュートの生演奏が聴けるチャンス!
特にヴィオラ・ダ・ガンバは16世紀に生まれ18世紀後半に一旦廃れ
復活した今でも演者の少ない楽器です、レアです。
バイオリンなどとは別の系統で生まれたヴィオラ・ダ・ガンバ属の楽器。




角野栄子講演会「魔女と魔法と物語」
日時:2019年7月28日(日)13:30~16:00
場所:美術館 光庭(1階吹抜ホール)
※ 聴講無料。ただし、2階の展覧会会場でご聴講の場合、観覧受付が必要。






市美-2019-8-event
お盆も休まず営業中!!素晴らしい!!


■ 小畑乃武子「宮沢賢治 よたかの星&まどみちおの詩を少し」
日時:2019年8月3日(土)13:30~
場所:美術館1階講堂
※聴講無料


■ りえとまさこのトーク&ワークショップ「くつしたのはら」
日時:2019年8月4日(日)13:30~14:30
場所:美術館1階講堂(集合)~美術館構内
対象:5歳~小学生と保護者
定員:15組30名
※ 要事前申込み(先着順・前日までに美術館に電話で申込み)
Tel 083-245-4131 下関市立美術館



■ ワークショップ「ストーンペインティング つくろう!海のいきもの・山のいきもの」
日時:2019年8月9日(金)14:00~16:00(時間内出入り自由)
内容:石に色を塗って、海や山のいきものをつくりましょう。
場所:美術館1階講堂
対象:幼児から一般まで(事前申込み不要)
料金:無料。
但し、当日、特別展「横山眞佐子と3人のゆかいな仲間たち」を鑑賞された方に限る。



■ ぷくぷくポケット「人形劇」
日時:2019年8月10日(土)13:30~
場所:美術館1階講堂
料金:無料


■ 山本安彦氏「おもしろ動物クイズ」
日時:2019年8月12日(月)13:30~
場所:美術館1階講堂
料金:無料


児玉教育長&横山眞佐子トーク
日時:2019年8月13日(火)13;30~
場所:美術館1階講堂(予定)
※聴講無料


■ あかね会絵本読み聞かせ
日時:2019年8月18日(日)13:30~
場所:美術館1階講堂
※参加無料


以上下関市立美術館HPより抜粋


7月28日(日)の角野栄子さんの講演会は
ファンの方は見逃せない、聞き逃せない講演会ではないでしょうか!

おそらく多くのお客様がいらっしゃると思いますので、
マナーを守ってご観覧下さい。
1階がいっぱいで2階から見られる場合は受付けが必要とのこと。



私個人としては、7月27日の第179回ギャラリーコンサートは渋いとこを
ついてきたなぁと感動しております!

ヴィオラ・ダ・ガンバを演奏されるホアン・マヌエル・クィンターナさんの
プロフィールをご紹介致しますと、

市美-ヴィオラダガンバ


アルゼンチンのブエノスアイレス生まれ。

ジュネーブ音楽院、バーゼル・スコラ・カントルム、パリ国立音楽院で学ぶ。
リカルド・マサン、アリアンヌ・モレット、パウロ・パンドルフォ、
クリストフ・コアンに師事。

1995 年以来、エスペリオン XX など著名なバロックアンサンブルや
オーケストラと共演、ヨーロッパの主要なステージで演奏。

近年は、指揮者としても活発に活躍するほか、ヴィオラ・ダ・ガンバの教授として、
ヨーロッパや南米に招聘され、後進の育成にも取り組んでいる。

ディスコグラフィー:
ハルモニア・ムンディからリリースされたバッハのヴィオラ・ダ・ガンバソナタ集、
マレ組曲集、ブクステフーデのトリオ・ソナタの CD は国際批評家から賞賛を受け、
ディアパソン金賞、 Chocdu Monde de la Musique を受賞、
クラシック賞(カンヌ)賞にノミネートされた。

2009 年、ブエノスアイレス市から、10年間における最高の器楽奏者として
Konex賞(アルゼンチンでとても名誉ある賞)を受賞。


という素晴らしい経歴の持ち主、

そしてリュートを演奏される野入さんも現在アムステルダムを拠点に
ヨーロッパ及び世界を股にかけご活躍されている凄い方ですよ!
野入志津子さんのプロフィールは>>こちら<<


普通とてもじゃありませんが無料で聴けませんから、
お聴き逃しなく!



今週も長くなってしまい申し訳ありません!、
ここまで読んでいただいた方、有難うございました!
それでは!
[ 2019/07/11 14:58 ] ■ イベント情報 | TB(0) | CM(0)

7/3~9 「黄孫窯二人展 at 山口市井筒屋」 and ~今週末7/7まで 「下瀬信雄展 -天地結界- at 山口県美」 展示・展覧会情報~♪



ジメジメとはしておりますが、
酷い雨などは降らずの梅雨の日々が続いている下関でございますが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

こんにちは、結いの会です!

こちらは雨が酷くなくて助かっておりますが、
南九州のほうは梅雨前線が停滞し、身の危険を感じる雨が降り続いているようで
本当に心配でございます。そちらの地方の方はどうか自分の身のことを第一に
行動をされて下さい。


さて本日は、
今日から山口市の中心街にある
山口井筒屋5階美術ギャラリーで開催される展示会と

すぐ近くの山口県美術館で現在開催中の写真家 下瀬信雄さんの
展覧会を合わせてご紹介いたします。



井筒屋二人展ポスター-web

-あなたと共に生きていく-
「森野清和・悦子 黄孫窯二人展」


日時:7月3日(水)~9日(火) 10:00~18:30 (最終日は16時まで)
会場:山口井筒屋 5階美術ギャラリー (山口市中市町3-3)
問い合わせ:083-902-1229


当結いの会会長で、
川棚で黄孫窯をひらく陶芸家、森野清和さんと奥様の悦子さんの
展示販売会が本日より、山口市の井筒屋5階美術ギャラリーで
開催されております!



_IGP0045-web.jpg


_IGP5613-s-web.jpg


IMGP1300.jpg



陶芸家 森野清和さんと言えば、
地元山口県内の土を自ら掘って歩き、
土そのままの風合いを生かした作品が中心となっておりましたが、

今回は現代的な形や、なめらかな質感をもった作品も多く
バラエティ豊かにご用意されているようです。


そして森野悦子さんは、女性らしい色や形、
使い勝手の良い作品を多く作っておられます。



磁器もそうですが、陶器はより使っていくうちに味がでますので、
本当にこの展示会のコピーのように
一緒に生活して共に育っていく楽しみが陶器にはありますね。

二人とも萩焼きベースで、萩焼きに使われる土やそれに近い土を
用いての作品作りですので、変化の風合いがしっかりと楽しめると思います!





さてお次は、こちら

下瀬信雄-4



山口県立美術館開館40周年記念
「下瀬信雄展」


日時:5/23~7/7(日)  9時~17時
会場:山口県立美術館(山口市亀山町3-1)
観覧料:一般1200円 シニア・学生1000円



開催概要-

萩市在住の写真家、下瀬信雄(1944–)は、東京綜合写真専門学校で写真を学び、
帰郷して家業の写真館を継いでからは、ふるさとの文化や風土を独自の視点で撮る
スタンスを貫いてきました。

萩の街並みや風景をとらえた最初の写真集『萩 HAGI』(1989年)は、
私的な視点から街の佇まいをみつめる感性が評価され日本写真協会新人賞を受賞。

下瀬信雄-2


萩を題材とするシリーズは、さらに6×6センチ判の中判カメラで自然や風景をとらえた
「凪のとき」、35ミリフィルムを用いた小型カメラによるスナップショットを集めた
「風の中の日々」のシリーズへと展開していき、
次作『萩の日々』(1998年)に結実しました。

また90年代初めごろからは、4×5インチの大判カメラを用いたモノクローム撮影で
自然界の中に潜む境界にせまる、「結界」をテーマとするシリーズにも取り組み始めました。

下瀬信雄-3


このシリーズから編まれた写真集『結界』(2014年)は、
第34回土門拳賞を受賞、下瀬信雄のライフワークとなっています。

本展覧会では、「結界」シリーズを中心に、初期の作品から近年のカラー写真まで、
写真家・下瀬信雄のこれまでの歩みをたどります。




下瀬信雄プロフィール

満州新京市出身。1945年、萩市に引き揚げ。
1967年、東京綜合写真専門学校を卒業後、萩に帰る。

以後萩を拠点に活動、ニコンサロンなどで多数個展を開催してきた。
現在までに写真集『萩 HAGI』(1989年)、『萩の日々』(1998年)、『結界』(2014年)を出版。
IBA(インターナショナル・ブロードキャスティング・アワード)非英語圏部門最優秀賞(2005年)、
第30回伊奈信男賞(2005年)、第63回山口県美術展覧会大賞(2009年)、
第34回土門拳賞受賞(2015年)など受賞歴多数。

下瀬信雄ポートレート



下瀬さんといえば結界シリーズですが、
その他にも意外な合成を用いた作品や、
何気ない人々の暮らしを独自の視点で捉えた作品など
下瀬さんのこれまでの歴史を紐解ける
見応えある展覧会となっております。


殆どがモノクロの天地結界シリーズは
写真が好きな方は是非見ておいて下さい。

どうやったら植物や草をこう写せるのか、草しか写ってないのに
なんなんだこのインパクトはと私なんぞは感嘆の息しか出ない作品の数々、
今週末までですので、是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか?



今日ご紹介した展示会・展覧会は非常に近い場所で開催されておりますので
是非合わせて行かれてみて下さい。

その他にも山口市には観光名所や美味しい食べ物やさん、
そして湯田温泉もありますので
プチ旅行気分で行かれてみるのもお勧めいたします。




それでは!
[ 2019/07/03 13:52 ] ■ イベント情報 | TB(0) | CM(0)

6/15・16「あじさいまつりとnatural market in リフレッシュパーク豊浦」 6/15~「シネマクロール今月の1本」 週末お出かけ情報~♪



なかなか梅雨に入らない下関でございますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
こんにちは、結いの会です!


さて本日も数ある下関市内の催しごとの中から
私が厳選した催しの情報をお知らせしていこうと思います。


まずは、こちら!

ナチュマ2019-6月


あじさいまつりnatural market

日時:6月15日(土)~6月16日(日) 10時~16時 
※雨天開催・荒天中止※
会場:リフレッシュパーク豊浦(下関市豊浦町大字川棚2035-9)内、
問合せ:Tel 090-9463-1746(森田)


先週から2週連続の土日開催となっておりますご存知ナチュラルマーケット!
もうリフレッシュパーク豊浦での開催も回を重ねまして、
市民の皆さんにも浸透してきているように感じますね。





今回も山口県内外から集まったハンドメイド作家さんの
作品が購入できるマルシェや
子供も大人も楽しめるようなワークショップなどが行われます。


出店者さんは日ごと入れ替わるようですので、
何度足を運んでみても楽しいイベント!




そして今回のワークショップの目玉は、
ATELIE MEAYAさんプロデュースのこちら!

ナチュマ2019-6月-2

トイドローン体験!
(中学生以下を対象としたトイドローン体験会をおこないます)

やってみたいけどなかなか飛ばす場所ややり方がわからないそこの僕!
ドローン、、、やってみないか!

※風が強かったり、雨が酷い場合は中止有なので
ご注意下さい




なにはともあれこの時期は様々な種類のあじさいが園内に
4000本!も咲いておりますので

それを愛でながら、ハンドメイド作品のショッピングやワークショップを
楽しんでいかれて下さい。

但し、明日土曜はお天気が心配ですね、いまのところ大雨予報・・・
日曜日は朝まで雨が残りそうですが、昼間は大丈夫そうです。







お次はこちらもご存知細江町の単館系映画館シネマクロールさんの
今月の1本!

シネクロ-魂のゆくえ


本年度アカデミー賞 脚本賞ノミネート
監督・脚本 ポール・シュレイダー
主演 イーサン・ホーク

「魂のゆくえ」

傑作『タクシードライバー』の巨匠が再び”いま”を射抜く!
構想50年の末に完成させた渾身作にして最高傑作



上映日程:6月15日(土)~21日(金)
上映時間:113分 1日4回上映 【11時~・14時~・17時~・20時~】

会場:シネマクロール(下関市細江町2-2-10 CIPOLLAビル3階)
チケット:前売1,100円(6/14まで購入orご予約の方) 当日1,300円
問合せ:Tel 083-227-4811 





傷ついた心 聖なる願い 静かなる怒り


『タクシードライバー』『レイジング・ブル』『ザ・ヤクザ』などの傑作を手がけた脚本家として知られ、
監督としても『アメリカン・ジゴロ』などの映画史に残る作品を生み出してきた、
ポール・シュレイダー。
ハリウッドの巨匠が、実に構想50年の末に完成させた渾身作が『魂のゆくえ』だ。




~あらすじ~

ニューヨーク州北部の小さな教会「ファースト・リフォームド」。
牧師のトラー(イーサン・ホーク)は信徒のメアリー(アマンダ・セイフライド)から相談を受ける。

彼女の夫が地球の環境問題を思い悩むあまり、出産に反対しているというのだ。
夫の説得を試みるトラーだったが、逆に教会が汚染企業から間接的に献金をうけている
事実を知ってしまう。

悩めるトラーは、やがてある決意をする。
彼の聖なる願いと魂の行き着く先は・・・。





現代社会が抱える問題を暴き出す
心揺さぶるヒューマンドラマ




主演のイーサン・ホークといえば、名作『いまを生きる』で見出され、
その後も数々の名作に主演し、超有名俳優ですが、
仕事やプライベートで数々の挫折や絶望を経験してきた方です。

一時は酷いうつ状態で見るもの全てがフェイクで、ウソであり、
何者も信じられない状態になったといいます。

そんな中で救ってくれたのは仕事であり、劇場、
そして一番大きいのが自身の子供達だったようです。

現在は前妻のユマ・サーマンとの2人の子と、
現在の奥様との間にできた2人の計4人の子供がおり、
その子たちが自分を必要としてくれていることが
自分の人生のバランスが取れ、自分の人生は自分だけの人生じゃないってことを
実感でき、俳優としてさらにレベルアップした今現在になっているようです。


今回の作品の彼の演技に
アメリカのNewsday紙は「イーサン・ホーク最高の名演」と評しています。


予告動画をどうぞ





シネマクロールは大手の映画館などでは取り扱われませんが、
とても上質で評価の高い作品などを
1ヶ月に1本、1週間に渡って上映するミニシアターです。

シネクロ-過去作まとめ
↑過去上映された作品


cipolla外観
cipolla会場内部
↑ビル入口とシアター内客席

新しいのになかなか日本では見れない隠れた名作などを
昔から映画好きな地元下関の皆様に是非見ていただきたいと

株式会社cineposの代表の鴻池さんと、
シアターと同ビルにある雑貨店cipollaの店主の中村さん、お二人が協同代表として
毎月厳選を重ね、皆様にお送りしています。


是非お時間ありましたら、足をお運び下さい!


それでは今週はこのへんで、さよなら、さよなら、さよなら!

淀川さん
[ 2019/06/14 12:56 ] ■ イベント情報 | TB(0) | CM(0)

6/7~10 遇斯光庵展2019(ぐしこうあんてん) 豊北町    6/9 第10回黒井藤菖蒲園ライブ 黒井村 来週末イベント情報~♪


庵展チラシ2019表-ol-small

庵展チラシ2019裏-small



このところカラっとした気持ち良いお天気が続いておりますね
こんにちは、結いの会です!

ただカラッとしてるということは空気が乾燥していますので
火の取り扱いには十分に注意して下さい。


さて、今週は来週末のイベント情報をお知らせしていこうと思います。


《 陶芸と木器作品展 》

   ぐしこうあん
『遇斯光庵展2019』

会期:2019年 6月7日(金)~10日(月)
OPEN:10:00~18:00(最終日は16:00まで)
会場:下関市豊北町大字滝部5042 遇斯光庵
お問合せ:黄孫窯 森野清和 TEL090-7977-2481




今回で4回目となりました!
萩市や山口市、長門市、豊北町、内日、豊浦町、蓋井島、
さらに今年は会津若松市奈良市
から様々なタイプの
陶芸作家+木器作家、計17名の作品が一堂に集まる
なかなか下関では他に類を見ない作品展です。

発起人で主催者は、当結いの会の会長で、
川棚に「黄孫窯という陶芸窯をひらいておられる
森野清和会長!


かねてより、会場となる遇斯光庵の庵主で、
下関市立美術館元副館長であった木本大空(信昭)さん
親交があったことから、
このイベントを発案されたようです。

_IGP5301-s.jpg
遇斯光庵の外観です


IMG_3304-s.jpg
江戸時代に建てられた藁葺きの民家を
現代的で素敵な古民家にリフォームされております。


豊北町という土地はとても陶芸に適した
様々な色や性質の異なる陶土や磁器土が採れる
ようで、

江戸時代から大正時代にかけて、
10以上の窯が豊北町にはあった
といわれております。

これは全国的にみても、
かなり陶磁器生産の盛んな地域だったといえます。





豊北町窯跡図


そういった土地柄ですが、
現在はその10以上の窯は全て過去の遺物として
どうにか窯跡が確認できるものもあれば
道路整備などで跡形も無くなっているような状態です。


そういった輝かしい郷土の歴史にスポットをあてるためにも
また、そういう歴史を知ってもらうためにも
このイベントを催すのだとも森野会長は話しておりました。



そして前述の木本大空さんのご先祖も「向坊窯」という窯の経営に
携わっていたというからこれまた不思議な縁というところなのでしょう。


参加される作家さんは、

萩市-
不易庵 守田唐七さん
草胆庵達郎窯 植草達郎さん
凌雲窯 小久保凌雲さん
カネコツカサ 金子司
牧野窯 牧野将典さん

長門市-
俵山無名塾 作花靖之さん

豊北町-
一佳窯 宮田佳典さん

内日-
中島陶房 中島大輔さん

豊浦町-
テール・エ・フー アッヅォリ・エリックさん
黄孫窯 森野清和さん
黄孫窯 森野悦子さん
ムクロジ木器 辻翔平さん

蓋井島-
藤永美乃里さん


山口市-木本大空さん
会津若松市-鈴木幹雄さん 鈴木孫枝さん
奈良市-近藤亮介さん


今年は県外からの参加が目玉!
しかも幕末からある意味縁の深い会津若松市からのご参加があるのも興味深いですね。

また今回も、イベントのテーマとして、
各作家さんに自らが掘って採掘した”豊北町”の土を
使用しての作品制作、発表をお願いしているようです。



土をそのまま用いるのも、化粧土として使うのも
他の産地の土と混ぜて使うのも、アリ!

作家さん自身がこれだという使い方で
豊北町の土をご自分の作品に用いるのが
この作品展のテーマとなります。




肝心の遇斯光庵の場所なのですが、
これが初めての方はなかなか分かり難い場所にありまして、
事前にネットで検索して行かれること必至です!


建物のある住所は「滝部5042」なのですが、
Googleマップではヒットしますが、カーナビでは
これを検索してもおそらくヒットしません、


ですので車のカーナビでの地図検索の場合は、
下関市豊北町大字滝部5038を入力して下さい!
遇斯光庵から一番近い住所がヒットします。




川棚側からですと、191号線を「二見」から「滝部」へ走り、
豊北町総合支所を抜け、
豊北高校」を右手に見ながら、すぐのところに、
下の青看板が見える信号機の無い交差点がありますのでここを「阿川」側に左折!

IMG_2247.jpg



しばらく道なりに走りますと、下の「中原農園」という黄色い看板が右手に見えますが、
ここは直進!

IMG_2248.jpg




中原農園」の看板から少し行きますと、
下のような青看板が見えてきますので、ここのT字路を今度は「粟野」側に右折!

IMG_2249.jpg



T字路交差点からずっと道なりに走って行きますと、
左手に立て看板などが見えてきますので
それらを頼りに行かれてみて下さい。



IMG_3320-s.jpg

上の写真のように道路から少し入ったところにありますから
ご注意下さい。
滝部の「豊北総合支所」や「豊北高校」から車で約10分くらいだと思います。


萩で人気の先生方も参加していますが、
周りは自然いっぱいの中で開催されますし、
庵からすぐの菖蒲畑に菖蒲も見ごろではないかと思います。


この展示会は森野会長の人柄に吸い寄せられた面白い方々ばかりで
ガチガチの陶芸展という感じは微塵も無く、

田舎の古民家での陶芸マルシェという感じで
気軽に寄れるイベントになってますので、

週末にドライブがてら、お立ち寄りになられて下さい!

参加される先生方もとてものんびりリラックスモードで楽しんでいるイベントですよ!





そして続きましてこちら!


2019菖蒲園-1

2019菖蒲園裏面



『第10回 黒井藤本菖蒲園ライブ!』

日時:6月9日(日) 13:00~
場所は黒井藤本菖蒲園
お問合せ:tel 090-3749-1498 岡野まで


今年もこの季節がやって参りました!

豊浦町のみならず下関市を音楽で元気にするため、
様々なイベントでライブを行い地域活性化の一端を担っている
元気マグネットの皆さん主催の無料ライブです!



IMGP3317-s.jpg


菖蒲の咲き誇る毎年のこの時期に開催し、もう今年で10回目!
毎年梅雨の時期と重なるため大変だった年もあったようですねぇ。

IMGP3314-s.jpg


周りは田んぼと畑しかない中に特設ステージを組み立て、
半日ほど菖蒲の花を愛でながら、酒や食べ物を食べながら歌いたおす!という
素晴らしきイベントです!


また近年はこのイベントのためにおもしろ案山子が沢山用意され、
インスタ映え間違えなし!のイベントとなっております。




時間の詳細はわかりませんが、
第二部からは飛び入りライブ参加もOK!


とのことですから、
音楽が好きだけど人前では、、、という人も
さぁ勇気をだして 笑顔待つとびらを開けて(ⓒ 岡野とおる)
ご自分の楽器を持って行ってみて下さいね!

元気マグネットの岡野さんやKOUさんが優しく迎えてくれると思います。


IMGP3315-small.jpg


IMG_4700.jpg

IMG_4703.jpg


日没までやっていると思います!
このところ日も長くなり7時半くらいまでは明るいので
それくらいまではやっているのではと思います。

そして夕暮れ時がまた最高なんです。(天気がよければですが)


IMG_4340.jpg





地図はこちら↓



車で国道191号線を下関方面から来る場合、
結いの会のある梅ヶ峠をすぎて、梅ヶ峠から川棚・特牛方面へ約5分走り
左手に鬼が城という割烹料理店
右手におかの石材と李家という焼肉屋さんがある三叉路の交差点を右折
その交差点から車で約1,2分です。


車で国道191号線を川棚・特牛方面から来る場合、
国道191号線を下関方面へ、
JR山陰本線「黒井村」駅前の交差点をすぎて約2分右手に鬼が城,
左手に李家おかの石材がある三叉路交差点を左折
その交差点から車で1,2分です。



当日案内の看板は立っていると思われますが、
会場は道から少しだけ奥に入った場所になりますのでご注意下さい。
また駐車スペースも道端しかございませんので
近隣の方のご迷惑や車の通行の邪魔にならないように注意されて下さい。





梅雨の時期ですので天気だけが心配です、
野外ライブですので雨には勝てません、
雨天の場合は翌日月曜日に順延となりますのでご注意下さい。
当日の情報は元気マグネットさんのFacebookページからご確認下さいこちら


観に来ている方々も気のいい方ばかりです!


お天気がどうなるかがカギとなりそうですが、
今年はカラ梅雨傾向のようですからお天気に恵まれたら良いですね!


それでは!
[ 2019/05/30 11:59 ] ■ イベント情報 | TB(0) | CM(0)